糖尿病網膜症|広島市 東区 温品 眼科 白内障 緑内障  コンタクト 黄斑変性|芳谷眼科医院

芳谷眼科医院
ご予約・お問い合わせ tel.082-289-3011

〒732-0033
広島県広島市東区温品5-2-23

緑内障

緑内障ってなに?

緑内障は、目と脳をつなぐ視神経が弱り、徐々に視野障害がすすむ病気です。40歳以上の約20人に1人は緑内障で、けっして珍しい病気ではありません。現在の日本では、中高年の中途失明にいたる原因疾患の1位です。

緑内障の眼底検査

緑内障の早期発見のためにも、40歳を過ぎたら定期的な目の検診をお勧めします。
眼科では精密な眼底検査や視野検査、眼圧測定などで正確に判断します。
視神経障害は視神経乳頭の萎縮(陥凹拡大)の形で現れるため、健診の眼底検査で緑内障疑いと指摘されることもありますが、予備検査にすぎませんので、眼科でさらに診断することが重要です。
当院では一般的な検査に加え、積極的に網膜断層撮影装置を用いるなど、早期段階での診断に努めています。

視野の障害を早い時期に発見

緑内障になり視野が欠けても、初めのうちはほとんど自ら気付くことはできません。
当院で緑内障と診断されたほとんどの人は、別な目的で来院された方々です。
徐々に進行することが多いのですが、残念ながら現代の治療でも視神経は再生できません。
緑内障の人が生涯の視機能を維持するために重要なことがあります。早期の診断と進行を抑制するための治療です。人間の情報の約80%は目から入るといわれています。長寿化がすすむ現代社会で人生後半の視機能を守りましょう。

緑内障 視野欠損 初期
視界の中央部が
ぼんやりと欠けてきます。
緑内障 視野欠損 中期
欠けている範囲が
徐々に大きくなります。
緑内障 視野欠損 末期
欠損が視野の
全域に及んでしまっています。

進行を遅らせるための治療

眼圧が高い人ほど発症しやすく、進行が早くなります。ただし正常眼圧緑内障という分類に当てはまる人が日本人には多く、一般的に正常とされる眼圧(10~21mmHg)でも視神経が障害されることがあります。いずれの病型でも眼圧を下げることで緑内障の進行を抑えます。診断と治療には総合的な判断が必要ですのでご相談ください。まずは点眼治療を基本とし、必要に応じてレーザー治療や内眼手術をおすすめしています。

当院での診療が緑内障の患者さんや家族の方々が病気に関する理解を深め、治療を続けるうえでの疑問や不安の解消につながり、快適な視機能を維持できれば幸いです。

緑内障と視神経
緑内障の原因
眼圧とは
緑内障の種類
緑内障の頻度
緑内障の症状
緑内障の診断
視神経の検査
視野の検査
開放隅角緑内障の治療
閉塞隅角緑内障に対する治療
眼圧下降以外の緑内障治療