糖尿病網膜症|広島市 東区 温品 眼科 白内障 緑内障  コンタクト 黄斑変性|芳谷眼科医院

芳谷眼科医院
ご予約・お問い合わせ tel.082-289-3011

〒732-0033
広島県広島市東区温品5-2-23

白内障

一種の加齢現象で、誰もがなる

水晶体が硬くなったり濁るために、見えにくくなる病気です。
水晶体の濁りは一種の加齢現象ですので、誰でも白内障になります。
濁りが強くなるにつれ、かすむ、二重に見える、まぶしい、などの症状が強くなり、さらに進行すれば視力が不良となります。その場合、適切な眼鏡を使用しても見えません。
個人差が大きく、早い人では40歳台からはじまり、くわしく検査すれば80歳台では大部分の人が白内障になっています。加齢が原因であることがほとんどですが、他にステロイド薬など薬によるものや、アトピー性皮膚炎に伴うもの、他の目の病気に併発するものなどもあります。

早期に診断を受けると

程度を知っておくと、手術時期なども配慮して今後の活動予定をイメージしやすくなります。逆に、いずれ白内障手術をすれば大丈夫とタカをくくって診断をうけずにいると、実は白内障ではなく別の病気だったということもあります。その意味で手遅れになっては大変ですから、早期検査と経過観察も大事です。

治療の基本は手術

濁った水晶体は、手術で眼内レンズ(人工の透明なレンズ)に取り替えることが出来ます。手術を受けたほぼ全ての人が視力の改善につながっています。白内障手術は以前とくらべ、格段に目への負担が少なく、安全性は高くなっています。また、単に視力の改善のみならず、現在は「どのように見えるようにしたいか」を選択する手術に変化してきています。

手術にむけての準備

白内障手術は「新しい目を手に入れるチャンス」ということができます。あわてず相談してください。
メガネやコンタクトレンズと異なり、眼内レンズはいったん目の中に入れてしまえば簡単に取り替えることはできません。手術の前に目の状態をきちんと調べて、適切なタイミングと方法、ご自分のライフスタイルにあった最善の手術プラン、眼内レンズを選びましょう。当院では多くの手術施設とも密接な連携をとり、情報提供も行っております。